腎臓の病気

腎臓とは

腎臓は肝臓と並んで重要な臓器です。腎臓は背側の腰の上辺りにあり重さは約120g、形はソラマメ型で、握り拳大の大きさです。内側の凹みから尿管や動脈・静脈が出入りしています。腎臓は臓器の中で、血流量の最も多い臓器です。1分間に約1Lの血液が流れています。これは全身の臓器から出てきた老廃物を尿に捨て、きれいになった血液を心臓に戻すという重要な役割を担っています。


腎臓の働き

腎臓 ①老廃物の排泄
②水分調節
③電解質のバランス調節
④血液を弱アルカリ性に保つ
⑤造血刺激ホルモンの分泌
⑥ビタミンDの活性化
⑦血圧の調節
⑧不要になったホルモンの不活性化

腎臓に送られた血液は、糸球体という毛細血管でろ過されて原尿が作られます。この原尿の中から再利用可能な水/ナトリウム(Na)/カリウム(K)/アルカリ(重炭酸)などの栄養分を尿細管で再吸収します。また尿細管は、栄養物を再吸収するばかりでなく、およそ140L/日ろ過される原尿を、一般成人が排泄する1.4Lの尿にする為100倍に濃縮する役割を果たします。ろ過することは、色々なものが毛細血管の穴に詰まることがあります。なかでも血液中に入ったバイ菌や、これに付着した抗体などが目詰まりしやすいのですが、ここに激しい炎症が起こると毛細血管の破損や反対に血栓が生じて閉塞することがあります。これにより尿中に血液が混じったり、原尿を作れなかったりして急激に腎臓の機能が低下してしまいこれが急性腎炎や急速進行性糸球体腎炎を起す要因となります。

比較的進行の遅い炎症は、毛細血管を繋ぎとめているメサンギウム細胞が増殖し、毛細血管を圧迫し潰してしまいます。これらはIgA腎症や膜性増殖性腎炎などの慢性糸球体腎炎を引き起こします。栄養素を再吸収したり、尿を濃縮することは、体の中に入ったわずかな毒素や有害な薬も濃縮させてしまい、尿細管上皮に強い毒性を発揮します。このような病変を間質性腎炎、あるいは間質性腎臓障害と呼んでいます。また腎臓は色々な病気の合併症でも悪くなります。もうすぐ透析を必要とする方の原因疾患は、糖尿病による腎臓障害(糖尿病性腎炎)が第1位となります。また、高齢化に伴い腎臓の動脈硬化(腎硬化症)も増えてきています。

腎臓の病気

1.腎不全
腎臓の働きが、正常の30%以下の状態を「腎不全」といいます。腎不全の原因はさまざまですが、進行性で、不要な老廃物や水分、ナトリウムなどが体内に溜まっていきます。

2.急性腎不全
原因は他の病気やけがなどさまざまですが、腎機能が急激に低下した状態をいいます。ほとんどの場合、適切な治療を受けることにより正常な状態に戻ります。

3.慢性腎不全
病気などにより徐々に腎臓の機能が低下することで起こります。慢性腎不全により失われた腎機能をは取り戻すことはできません。一般に血清クレアチニン値が2mg/dl以上になると、腎機能が正常のときの半分以下に落ちた状態とされ、慢性腎不全と診断されます。
病気などにより徐々に腎臓の機能が低下することで起こります。慢性腎不全により失われた腎機能をは取り戻すことはできません。一般に血清クレアチニン値が2mg/dl以上になると、腎機能が正常のときの半分以下に落ちた状態とされ、慢性腎不全と診断されます。

4.末期腎不全
腎臓の働きが、正常の10%以下になると「末期腎不全」という状態になり、腎が機能せず、毒素および食物や細胞からの老廃物、余分な水分が、血液中にどんどん溜まっていきます。腎機能が失われると、むくみ、血圧上昇、吐き気や頭痛などが起き、疲労感や食欲不振、無気力などの症状が出てきます。



慢性腎不全の原因となる病気

1.慢性糸球体腎炎
腎機能のゆっくりした低下を伴って腎臓の糸球体が徐々に破壊され、タンパク尿、血尿、円柱尿の存在や高血圧が持続する原発性腎炎を、慢性糸球体腎炎とよびます。検診や尿検査で蛋白尿や血尿を指摘され偶発的に発見されます。血尿が肉眼的に確認されなければ、自覚症状はほとんどありません。ほとんどの場合正確な原因はわかっていません。この疾患は高血圧と慢性腎不全の原因になります。IgA腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、膜性腎症などに分類されます。

①IgA腎症
腎臓の糸球体に免疫グロブリンのIgAという蛋白が沈着している慢性の糸球体腎炎です。腎生検という腎臓の組織を顕微鏡で調べる検査で診断します。原因は不明ですが、慢性糸球体腎炎の中では一番頻度の高い病気です。患者さんの年齢層は幅広くいますが、10才代と40才代に多い傾向があります。学校検尿および健康診断の検尿で蛋白尿、血尿で発見されますが、初期症状はありません。進行すると腎機能が低下して、腎不全の症状が出ます。疲れやすい、食欲低下、息切れ、夜間に尿量が多いなどです。治療法としては、食事療法(減塩、蛋白制限)と運動制限を行います。薬物治療では、通常抗血小板薬を使い、重症例では副腎皮質ステロイドを使います。降圧剤のアンジオテンシン変換酵素阻害薬には腎機能の保護作用が認められます。当初は無症状ですが、徐々に腎機能が低下し(保存期腎不全)、血圧が高くなります(腎性高血圧)。放置すると尿毒症へ進行し、透析療法が必要になります。

②膜性増殖性糸球体腎炎
慢性進行性糸球体疾患の1つであり、糸球体のメサンギウム領域における細胞増殖、壁の肥厚などを特徴とし、難治性の予後不良な腎炎の代表と考えられています。小児~青年期(性差なし)が好発年齢といわれており、顕微鏡的血尿や種々の程度の蛋白尿を伴います。発症原因の詳細は不明です。急性腎炎症候群や無症候性血尿蛋白尿からネフローゼ症候群に至るさまざまな病像を呈します。腎生検により診断します。ステロイド薬、抗血小板薬・抗凝固薬、免疫抑制薬などが薬物治療に用いられていますが、本疾患に対する治療法は確立されていません。

③膜性腎症
糸球体の基底膜に沈着物が認められ、増殖性病変を伴わない糸球体の壁が肥厚する病気で、軽微な血尿と高度の蛋白尿を認めネフローゼ症候群を呈することが多 くあります。成人のネフローゼ症候群の25%は膜性腎症といわれています。欧米人の膜性腎症は腎不全に進行することが多いのですが、日本人の場合は腎不全 に進行することは比較的少ないとされています。しかし、膜性腎症によるネフロ-ゼ症候群は色々な薬を使っても治りにくいことも多く、長期的に腎機能が低下 することもあります。

2.ネフローゼ症候群
大量の蛋白尿が出るために血液中の蛋白質が減少し、むくみやコレステロールなどの脂質の上昇などが現れる病気です。この症候群は、いろいろな腎疾患が含ま れていて、ひとつの疾患ではありません。原発性糸球体疾患による一次性(原発性)ネフローゼ症候群と、糖尿病性腎症、膠原病、アミロイドーシスなどの全身 の病気による二次性(続発性)ネフローゼ症候群に分けられます。15歳以下の多くは微小変化型ネフローゼ症候群ですが、50歳以上になると膜性腎症を中心 とした疾患の頻度が増加します。一次性の場合、ネフローゼ症候群の約10%が難治性といわれています。ネフローゼ症候群には、様々な原因疾患がありま すが、それぞれの病因が十分解明されているとはいえません。ただ、免疫異常や代謝性異常が関与している場合が多いことが知られています。症状は、瞼の 腫れが目立つ顔面のむくみや、手足のむくみがみられます。とくに前脛骨部を押すとくぼみが生じます。また、ネフローゼ症候群が持続するので、栄養状態の悪 化、高脂血症による動脈硬化、動脈や静脈の血栓、感染症などにも注意が必要です。浮腫を減らすためには利尿薬を使用しますが、根本的な治療とはなりませ ん。免疫異常が関与している場合には、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬の使用が不可欠ですが、難治性ではその効果が十分でありません。二次性では原因疾 患に対する治療が重要です。

3.急性糸球体腎炎
β溶連菌の扁桃炎後、腎臓の糸球体に炎症が起こり、むくみ、血尿、高血圧といった症状が急に出る病気です。一般的には急性腎炎といっていますが、正式には 急性糸球体腎炎といいます。発症時期は秋から冬にかけて、患者の7割が20歳以下で3~10歳の子どもに多くみられます。また、男性のほうが女性よりも多 いのが特徴です。安静と水分制限、低蛋白食を中心とした治療を行い、予後は良好な疾患です。

4.糖尿病性腎症
糖尿病の3大合併症(腎症、網膜症、神経症)のひとつです。長期(5年以上)にわたり糖尿病にかかっている人で、糖尿病のコントロールが悪く、高血糖状態が長期間続くと、腎臓の糸球体の毛細血管が動脈硬化を起こし障害が発生します。そのため腎のろ過機能が低下して、蛋白尿が出てきたり、老廃物の排泄ができなくなり、高血圧やむくみなど腎炎と似た症状が起こります。進行すると、腎不全から尿毒症となり透析が必要になります。近年、透析導入に至る一番頻度の高い疾患になっています。厳格な血糖値のコントロールと食事療法を中心に、薬物療法を行います。

5.多発性嚢胞腎
腎臓に水がたまった袋がたくさんできて、腎臓の働きが徐々に低下していきます。男女差はありませんが、成人になって見つかることが多く、遺伝子に異常の見られる遺伝性の疾患です。初期には症状がなく、腎臓に嚢胞がたくさんできてくると、腎臓が大きくなり、お腹が張ってきます。腎機能障害の進行に伴い、食欲低下、疲れやすい、だるい、夜間多尿、さらには息切れなどが出現します。また、高血圧を合併することが多く、脳出血なども高頻度で起こります。腎機能が低下していくと腎不全となり、透析療法が必要となります。しかし、腎不全に至らないケースもあります。治療法は確立していませんが、血圧の高い方は、血圧のコントロールが重要です。

6.腎硬化症
高血圧が長期間続いていると、腎臓の血管に動脈硬化が起こります。このため、血管の内腔が狭くなり、腎臓へ流れる血液量が減ってしまい、腎臓そのものが硬くなり機能障害が起こります。腎硬化症には、病気の進行が遅い良性腎硬化症と急速に症状が悪化する悪性腎硬化症の2パターンがあります。良性腎硬化症は動脈硬化症が大きな発症要因ですが、悪性の場合については原因は解明されていません。腎機能が低下してむくみなどの症状がなければ、特別な食事療法の必要はありません。しかし、高血圧やむくみ、動脈硬化が進行している場合などは、塩分・蛋白質の摂取をコントロールする必要があります。

むくみのひどい腎臓病

1.ネフローゼ症候群
大量の蛋白尿が出るために血液中の蛋白質が減少し、むくみやコレステロールなどの脂質の上昇などが現れる病気です。この症候群は、いろいろな腎疾患が含まれていて、ひとつの疾患ではありません。原発性糸球体疾患による一次性(原発性)ネフローゼ症候群と、糖尿病性腎症、膠原病、アミロイドーシスなどの全身の病気による二次性(続発性)ネフローゼ症候群に分けられます。15歳以下の多くは微小変化型ネフローゼ症候群ですが、50歳以上になると膜性腎症を中心とした疾患の頻度が増加します。一次性の場合、ネフローゼ症候群の約10%が難治性といわれています。ネフローゼ症候群には、さまざまな原因疾患がありますが、それぞれの病因が十分解明されているとはいえません。ただ、免疫異常や代謝性異常が関与している場合が多いことが知られています。症状は、まぶたの腫れが目立つ顔面のむくみや、手足のむくみがみられます。とくに前脛骨部を押すとくぼみが生じます。また、ネフローゼ症候群が持続するので、栄養状態の悪化、高脂血症による動脈硬化、動脈や静脈の血栓、感染症などにも注意が必要です。浮腫を減らすためには利尿薬を使用しますが、根本的な治療とはなりません。免疫異常が関与している場合には、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬の使用が不可欠ですが、難治性ではその効果が十分でありません。二次性では原因疾患に対する治療が重要です。

2.急性糸球体腎炎
β溶連菌の扁桃炎後、腎臓の糸球体に炎症が起こり、むくみ、血尿、高血圧といった症状が急に出る病気です。一般的には急性腎炎といっていますが、正式には急性糸球体腎炎といいます。発症時期は秋から冬にかけて、患者の7割が20歳以下で3~10歳の子どもに多くみられます。また、男性のほうが女性よりも多いのが特徴です。安静と水分制限、低蛋白食を中心とした治療を行い、予後は良好な疾患です。

3.急速進行性糸球体腎炎
発症原因ですが、糸球体腎炎(蛋白尿、血尿、赤血球円柱、顆粒円柱)のうちで数週間から数カ月で急速に腎機能が低下する疾患で、近年増加傾向にあります。各年齢で発症しますが、中年以降に多い傾向があります。発病初期は無症状から微熱、倦怠感、食欲不振などです。進行すると尿毒症症状、食欲低下、さらに呼吸困難、出血傾向、意識障害などが出ます。副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤などを使い、場合によっては、血漿交換をおこないます。腎不全状態にあれば、血液透析を併用します。早期に発見により、進行を止めることが可能です。また、一時期透析が必要になっても治療で離脱することができます。発見が遅れると、維持透析が必要となります。